韓国語体験レッスン夏のキャンペーン実施中!詳しくは無料テキストをご覧ください!
オンライン韓国語マンツーマンレッスンについて

当サイト配布のハングルテキストを読んでくださった方限定で、無料体験レッスンを開催しています!テキストはAmazonの電子書籍サービスで0円展開中です。

ハングルの無料テキストはこちら

パッチムとは何かについて簡単に説明するなら「下敷き」だと答えます。

この記事は約3分で読めます。

韓国語は「子音+母音」で成り立つ文字です。

しかし、ハングルの構成で忘れてはならない、また、日本人なら必ず直面する問題があります。

それが받침です。

받침は語学上「終声」と呼ばれるものですが、日本語にない概念のため、カタカナで「パッチム」と表記されることが多いです。

日本語には存在しないため、最初は戸惑いますが、焦らず一つ一つ習得していきましょう。

받침(パッチム)とは何か?

パッチムについて詳細な解説をする前に、そもそもパッチムとは何かについて、簡単に理解しましょう。

日本語の発音は必ず母音で終わる一方、韓国語には子音で終わる音があります。

たとえば「받침」という言葉自体、分解すると次のようなパーツで構成されているのがわかります。

  • 받 (ㅂ+ㅏ+ㄷ)
  • 침 (ㅊ+ㅣ+ㅁ)

日本語で発音表記すると「パ」ですが、この「ッ」と「ム」の部分がパッチムです。

「子音+母音+子音」の、最後の子音部分がパッチムです。

このためパッチムは終声というカテゴリーに入ります。

받침とはハングルの発音を締めくくる子音パーツである

さて、パッチムという概念を説明する前に、ハングルの子音についておさらいしましょう。

ハングルの子音は次の19音です。

発音種類 1 2 3 4 5 6 7 8 9
平音



とぅ







ちゅ
ぢゅ
激音

トゥ



チュ
硬音

トゥ



チュ

そして、ハングルを書くときは次のようなルールがあります。

  1. 子音→母音の順番に表記する。
  2. 子音は左もしくは上に配置する。
  3. 母音は右もしくは下に配置する。

子音が左→母音が右

子音が上→母音が下

このように、ハングルは「子音+母音」からの成り立ちが原則ですが、もう一つ原則があります。

それが、「子音+母音」の後に받침を足した「子音+母音+子音」の構成です。

子音が左→母音が右→子音が下

子音が上→母音が真ん中→子音が下

青の部分が子音、オレンジの部分が母音、そして緑の部分がパッチムです。

パッチムとは韓国語で「下敷き」の意味があり、その名の通り、必ずハングルの一番下に配置されます。

発音の最後を締めくくるという意味で、また、ハングルのパーツの中で必ず下に配置されるという意味で、パッチムは下敷きであると覚えておくといいでしょう。

パッチムの理解は子音の勉強から

パッチムは子音記号を用いていることからもわかるように、ハングルの子音に対する理解がないと習得できません。

個人的には、ハングルの子音を完全に覚えた!と胸を張って言えるまでは、パッチム抜きで勉強すべきだと思っています。

タイトルとURLをコピーしました