韓国語体験レッスン夏のキャンペーン実施中!詳しくは無料テキストをご覧ください!
オンライン韓国語マンツーマンレッスンについて

当サイト配布のハングルテキストを読んでくださった方限定で、無料体験レッスンを開催しています!テキストはAmazonの電子書籍サービスで0円展開中です。

ハングルの無料テキストはこちら

ハングル「의」の読み方使い方。「うぃ」なの「え」なの?

この記事は約2分で読めます。

의の使い方、読み方について困っている方はいませんか?

この記事では、의の読み方がどのように変化するのか、実際のケースを交えて説明しています。

ぜひ、学習の参考になさってください。

의には2通りの読み方がある

ハングルの의は、場合によって「うぃ」と読んだり「え」と読んだりします。

この原理について、事例を交えながら説明しましょう。

名詞的用法としての의(うぃ)

名詞的用法としましたが、広義には「単語として使われる」ケースのお話です。

つまり、助詞以外のすべてを指します。

この場合、ハングルの発音にのっとり「의(うぃ)」と読みます。

次の例を見てみましょう。

  • 의자 うぃじゃ 椅子
  • 상의 さんうぃ 上着
  • 의심 うぃしむ 疑心
  • 거의 こうぃ ほとんど
  • 의리 うぃり 義理

すべて発音は「의(うぃ)」ですね。

このように、単語に使われる場合の의は、ほぼすべてのケースで「うぃ」と思って差し支えありません。

助詞的用法としての의(え)

上に挙げた의ですが、助詞的に用いられた場合、発音が変化します。

次の例を見てみましょう。

  • 그의 くえ 彼の
  • 도쿄의 친구 ときょえ ちんぐ 東京の友達
  • 과거의 일 くぁごえ いる 過去のこと

「~を」と意味する「의」の場合、読みが「의(うぃ)⇒에(え)」へと変化するのがわかります。

パッチムが関連してくると、連音化が発生しますが、原理は同じです。

  • 다음의 たうめ 次の
  • 행복의 나날 へんぼげ ななる 幸せの日々
  • 에덴의 동쪽 えでね とんちょっ エデンの東

初めは不慣れでも使いこなせればレベルアップ確実です

このように、의には「うぃ、え」両方の読み方があることがわかりました。

「そんなに複雑なの?」と思ったあなた。日本語にだって、似たようなことはありますよ。

そもそも「へ」だって「え」と読んだり「へ」と読んだりするのです。漢字に至っては、音読みと訓読み2種類があることも常識です。

そう考えると、의の使い方もやさしく思えてきませんか?

タイトルとURLをコピーしました